« 夢見るチカラ | トップページ | 春の気配とM嬢宅にて »

2009年2月 1日 (日)

気分転換と新年会

北風がゴーゴー吹いて寒い日曜日。そして、2月最初の1日っすね。

っていうか、今日から2月だって、やっとさっき気がついて、ちょっとうろたえちゃいました

もう2009年も1ヶ月過ぎちゃったのねぇー。みなさまはいかがお過ごしでしょうかー?

きのうはお華の教室の新年会に出席しておりました。毎年、この新年会ではかつてのお稽古仲間も参加して、久しぶりにワイワイできる上においしいものを食べられる楽しみな日なんだけど、きのうは仲良し組はみんな都合が悪くて欠席。わたしも最近疲れ気味だから、今年はパスしようかなぁ、と思っていたのだけど、先生の新年会、来れるでしょ?の一言に嫌とは言えず、観念して出席を決意いたしました!ってそんな大袈裟な?

新年会は今年はちょっぴりセレブな雰囲気の六本木ヒルズのブルディガラというフレンチレストラン。

相変わらず遅れ気味の出発で、集合時間には微妙に間に合わなさそう。。。しかも、仲良しのすちゃらかメンバーは今年はいないし、心細いぞー。さらに六本木ヒルズって普段、ほとんど近寄らないせいもあるけど、何度行っても、どこになにがあるかが超わからない。案内表示もまったくわかりづらくて、そのレストランが通りの向こうにあるということが判明するのにすっごく時間がかかったわ。で、結局、大遅刻。

でも、この日は中央線や東海道線が遅れていたらしく、みんなまだ到着してなくて、助かったわー。

中央線と言えば、話はちょっと脱線するけど、木曜日の7時前後だったかな、中央線で帰路に着くと、四ツ谷駅のホームに入ったとたんに、急ブレーキがかかりホームの中ほどで停止。あぁ、またなんか止まっちゃったよ、中央線はぁ。といつものことだから、そんなに気にしてなかったんだけど、車内放送があり、この電車で人身事故が発生しました!と言っている。え、やだな、この電車なんだぁ、あぁ。降りられないじゃん、でも座れたし、まだよかった。とかひとりであれこれ考えていたら、そのうち、前にたっていたおばちゃんふたりがあら、この車両じゃない?とか言い出して、振り向くと、野次馬たちがわんわん集まってきて、ちょうどわたしが座っているあたりのホームの下を覗き込んでいるじゃない~。えええーー、ここなのぉぉ~~~!と隣に座っていた女性と顔を見合せて怖い!と言い合ってしまった。その後、駅員さんが野次馬を追い払い、担架が運ばれてきて、いよいよどうしよう、怖いよー、と思っていたら、一番、前のドアだけが開けられ、なんとか脱出。

本当に、仕事で落ち込み気味の気分がさらに一気に急降下で落ち込みましたわ。

こんな風に気分が滅入っているとろくなことが起こらないと、改めて実感。金曜日は仕事を放棄して、今までの残業を取り戻すべく、2時間早く、仕事を切り上げ、お休みだった彼Hにつきあってもらい平日の夕方早い時間でガラガラのデパートでバーゲンだった靴と春先にコート風に羽織ってもかわいいワンピースをゲット。さらに大好きなタイ料理を思いっきり食べて、シンハービールも飲んで超ゴキゲン。しかもご飯を食べ終わってもまだ7時前なんて超ステキ。

というわけで、滅入った気分も無事発散

そして話は戻って、新年会。

最初はあまり仲良しがいなくて心細かったけど、まぁまぁ顔見知りの子育て中の専業主婦の実は玉の輿の奥様たちの中にまぜていただき、おいしくフレンチを堪能させていただきました。

Ca390456

メインは今回お魚をチョイス。白身のお魚がサクッとした衣に包まれていて、超おいしかったー!

Ca390457

デザートがブランマンジェだったんだけど、フルーツのソースの苺がほんとにおいしくて、ブランマンジェはほんのり甘く、幸せを感じるおいしさでした~

シャンパンも白ワインも赤ワインも飲んだけど、どれもほんとにおいしかった

すちゃらか仲間とは今回ワイワイできなかったけど、相変わらずパワフルな先生や普段はまったくお話しする機会もないみなさんの話を聞けたり、頑張っている人もいたり、連絡が取れなくなってしまった昔のお稽古仲間の近況が聞けたりもして、やっぱりこういう改まった席に1年に一回、新年にあたって出席するのはやっぱりいいものだな、って思った1月の最後の1日だったのでした

思えば、おいしいものをいっぱい食べてなかなか充実した週末だったかも

|

« 夢見るチカラ | トップページ | 春の気配とM嬢宅にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気分転換と新年会:

« 夢見るチカラ | トップページ | 春の気配とM嬢宅にて »