« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

母娘のんびり小町と忘年会

いいお天気っすねぇー。南向きのわたしの部屋はポカポカっす。

そんなわけで、きょうは部屋で日向ぼっこしつつ、ボーッとしております。っていうか、きのうはめずらしく土曜日に出勤してしまいましたthink

それにしても、きょうは11月最後の日で、明日から2008年も大詰め、12月なわけで。。。今年も中目黒の籐八はわたしたちを鍋に呼んでくれました~、恒例忘年会デスheart

2008_11282008spring0011

ちょうどわたしの前に来たチゲ鍋っす~♪辛さも絶妙で牡蠣やら白子やら具も新鮮で相変わらず旨しlovely 実は他に豆乳仕立ての籐八鍋と土手鍋が出たのに、食べるのが遅いわたしがチゲ鍋を食べ終わる間もなく、他のふたつの鍋はあっという間に食い尽くされ。。。ショックを受けていたのだけど、あとから到着した人のために、籐八鍋が追加されたので、しっかり器を持って、籐八鍋にはりついて、チゲ鍋に続き、籐八鍋にもありつけたのでした、あぁー、よかった。これで心残りなく、2008年も越せそうっす☆

今回は久しぶりに大宴会になり、すでに会社を去った人も参加したりして、昔からのメンバーがこんな風に集まれるって、そして鍋を囲んでワイワイできるのって、ほんとホッとしちゃいます。毎年毎年、ゼッタイ取り返しもつかなくみんな歳をとっていくけど、歳なんてとっても、自分も相変わらずだけど、こんなふうに同じ時間を気心知れた人たちと年末に過ごせるのって、やっぱりいいなぁ、と実感。翌日、ひとり出勤予定だったわたしは早めに引き上げなければならず、それがちょっと残念だったsweat02

ところで、母娘のんびり小町、作並温泉、よかったっす。母とふたりだけで旅行したことなかったけど、やっぱり女同士っていいかも☆ 特にたいした話をするわけでもなく、おいしいもの食べて、ちょっとだけ観光もして、露天風呂に入って、なんかまったり。ふたりで色浴衣を着付けてもらって、かわいい帯なんてしちゃって。大人になると母と娘はやっぱり友達みたいに過ごせるものなのだなぁって。

2008_11282008spring0003

青葉城の伊達政宗像デス。青葉城は初めて行ったけど、仙台の街が一望できました☆

2008_11282008spring0006

2008_11282008spring0008

2008_11282008spring0009

帰りには塩釜に寄り道して、前回、N子と行ったおすし屋さん「すし哲」で奮発して特上寿司食べちゃいました~。オオトロ、中トロ、うににいくらにえびもいて、わぁいlovely

おすし屋さんのとなりには魚の市場もあって、かえりにしっかりきょうの晩御飯も仕入れたりして。ここで、殻付きの牡蠣はすぐあけてくれて、食べさせてもらったのだけど、これがほんと新鮮で激ウマっした♪海の香りが口いっぱいに広がるおいしさwave しかも一個100円dollar

100円でこんなにハッピーになれるわけで、やっぱり必ずしもお金がたくさんあれば幸せになれるってわけではないなぁ、って、最近よく思ったりして。まぁ、あるには越したことないんだけど、そればっかりじゃ、やっぱりないかな、と。うん。

おかげで、帰りは牡蠣やマグロの中落ちやまぐろカマとかたらことかを保冷剤入りのバックを抱えて、重いのなんのって。でも、帰ってからまた食べることを考えると、ちょっぴり荷物を持つのもうれしかったりした帰り道でしたsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

島唄ライブに行ってきた♪

三連休、最終日、雨ですねぇ。寒いしぃ。今回は地味にのんびりしてましたconfident

普通だったら、あしたからまた会社だぁ、とブルー入っているところですが、あしたとあさっても会社をお休みして、母娘でのんびり小町、1泊2日で仙台、作並温泉に行くことになりました~spa 母との旅行で2日も会社を休むのももったいないなぁと思ったものの、父が友人達とタイ旅行に出掛けるってことで、チャンス到来、女性限定ののんびり小町で温泉に行こう☆ってことになりました。ま、たまにはいいか。でも、実は今回は吉方面ではないのが、ちょっと気になるけど、母は以前から行きたがっていたし、父をひとりで置いて出掛けるなんてできない母だし、時期を選ぶ余地はなく。ま、今回は親孝行ってことで。

ところで、三連休。友人N子が新宿3丁目にちょっと気になる沖縄料理屋があると言い出して、久しぶりにN子と一翠センセイと3人で行ってきました~。

Ca390378

紅芋コロッケ、あつあつでほんのり甘いサクサクコロッケでございました~♪

Ca390379

あぁ、久しぶりのゴーヤチャンプルー、めちゃめちゃおいしかったっす☆ゴーヤの苦味も島どうふもスパムも本格的っした♪

Ca390380

沖縄風のお好み焼き。これはチヂミにそっくりだったけど、もちもちして、おいしかったっす☆

目指したのは新宿三丁目にある「かりゆし」という沖縄料理屋さんで、毎夜、島唄ライブもやっているとHPに書かれていた通り、8時半をやや過ぎてから、三線をもって登場したお店のお姉さん達が、フロアスタッフからエンターティナーに早変り。フロアとステージが一体化したようなスペースで、気さくにお客さんからのリクエストにも受け付けてくれて、島唄や涙そうそうを思いっきり、お客さんもステージにあげて、一緒になって歌ったりして。

なんか久しぶりの沖縄料理と沖縄ソング、三線の音も心地よく、なんかまったり。

あぁ、でも歳っすねぇ、その後、なんだかぐったりしてしまった。ちょっと疲れていたみたい。

あした、温泉でちょっと疲れを癒してきます~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

神頼みサタデー

はぁ~、先週は一週間、仕事バタバタで残業もあり、なんかすっかりお疲れモードで迎えた週末でございました。

でも、ここ最近ちょっと不思議なんだけど、ずーっと音沙汰がなかった友達からメールが来たりして、すっごい久しぶりにその友達達と夜ご飯を食べに行ったりしましたshine

ひとりは5年ぶりぐらいにあった友達と、もう一人はさらに10年ぶりぐらい。どっちの友達もすっごい仲が良かったっていうわけではなく、ちょっと自分とは考え方もタイプも違うなぁ、という感じで、場合によっては意見が食い違ってちょっと後味悪い思いもしたりして、そんなこんなでちょっと疎遠になってしまったことも事実。それでもやっぱり気が合う部分もあったからこそ、衝突しつつもつるんだりもしてたのよね。そんな友人ふたりから立て続けに連絡がきて、一杯やってきましたbeer

なつかしいねぇ、という感じではなく、時間的なギャップはあんまりなくて、普通にどうよ、最近、みたいな感じ。なんか不思議よね。でも、5年、10年経つ中で、きっといろいろなことが起こったんだろうなぁって思うんだけど、中身はあんまり変わってないってことかな。きっと人間って、変わるけど、変わらない、ベースにある本質的なものにいろいろなものをまとってみたり、シンプルになってみたりするけど、本質的にそこにあるその人の個性って変わらないのかなぁ、みたいなことを漠然と思ったりして。

うーん、なんかうまくまとまらないけど、ちょっと考え方や行き方が違うけど、気の合うところもある彼女たち、すれ違ったりもしたこともあったり、またしばらく会わないかもしれないし、でも、これからもすっごくたまに会ったりするのかなぁ、って。そして、彼女たちが時を経て、元気そうで、いろいろあっても頑張っていて、そして一緒にまた笑えたのがうれしかったなhappy01

ところで、週末は、きのうは晴れて暖かかったので、最近、TOEICのクラスに通ったりして、点数アップを目指して頑張っている彼Hと一緒に、月末にあるTOEICテストの点数アップとわたしのジュニア・ベジフル・マイスターの試験の合格を祈願しに、紅葉も目当てにしつつ、明治神宮に出掛けてみたmaple

紅葉にはまだ早かったけど、ところどころ黄色や赤に色づいた木々に囲まれた参道を歩くと、いるわいるわ、七五三。3歳、5歳、7歳の子供達がお着物きて、お母さんも負けないぐらいみんなドレスアップして。なんかどのファミリーもいいね、楽しそう。お父さんは頑張ってカメラを手に走り回っちゃって。

なんとなぁく、そんな幸せな空気が充満した明治神宮は普段でもパワースポットだけど、きっと一層強力にパワーアップしているに違いない。

というわけで、早速、お賽銭をして、神様にお祈りする。さらに、ご祈祷の用紙が置いてあったので、奮発してふたりで500円を沿えて、願い事を書いて納めてきた、やったやった~、これでバッチリ☆のはずsmile

その後、となりにある代々木公園を抜けて、渋谷に出て、前から彼Hが目を付けていた道玄坂にある自然派カフェを目指す。

2008_11162008spring0021

代々木公園。ちょっとだけ銀杏並木が黄色く色づいていた、銀杏がいっぱい落ちていて、ちょっとくさかったけど、拾って炒って食べたらおいしいかしらねー。

2008_11162008spring0022

2008_11162008spring0023

サンクスネイチャーカフェというその道玄坂の上の方にあるお店はほんとに素敵なお店だった。39品目の豚しゃぶ丼はほんとに39品目は軽く入ってそうなぐらいいろいろな野菜が入っていて、ご飯は酢めしで超うま~。九条ねぎとトマトのパスタもほんとトマトとネギがさっぱりしていて、おいしい~。そしてもちろんビール付きheart

お散歩の後のおいしいランチとビールで忙しく慌しかった一週間もちょっと癒されたと思う瞬間っすね。

なんかわたし、最近、ちっちゃい幸せに満足しすぎだけど、ま、いっかぁ。実はそんな小さい幸せって当たり前じゃないよね、ゼッタイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

新酒祭りと紅葉

寒いです~、秋を通り越して、すっかり真冬のような寒さの週末でしたwobbly

だけど、そんな寒さにもめげず、彼Hと今週末、今年二度目のサントリーの登美の丘ワイナリーの新酒祭りに出掛けてきました~wine

一度、行ってみたかったのよね、新酒のシーズンに。というわけで、蔵から出したばかりの熟成前の樽だしのワインを試飲することができました♪樽のある蔵はひんやり寒くて暗いけど、なんだかまったりホッとする雰囲気。できたばかりの熟成前のワインはおいしいっていう感じではないけど、なんかうれしい気分。

2008_11082008spring0003

2008_11082008spring0008

ランチはワイン豚と秋野菜。ほんのり赤ワイン味のしみこんだ豚肉はやわらかくてうま~。

2008_11082008spring0013

熟成前のワインを試飲した後は、ランチコースをテラスのレストランで、しっかり白の登美の丘グラスワイン付きで食べて、その後、できたての今年の新酒を試飲。もうこの時点で相変わらず、ランチもおいしいし、ワインもうれしたのしおいしいですっかりゴキゲン。酔いを醒ますためにちょっと寒かったけど、丘の芝生に座って、ぶどう畑の向こうの甲府の街を見下ろす景色を満喫。残念ながら、ちょっと雲が多くて富士山はかすんでたけど、酔っ払いにはあんまり関係ないのだ~。

2008_11082008spring0017

2008_11082008spring0019

その後、帰り道にはじめて富士山のふもとにある日帰り温泉ゆらりに立ち寄り湯。その途中の精進湖を通りがかると、ほんっとに紅葉がきれいで、足元にはカサカサって音をたてる色とりどりの木の葉がじゅうたんみたい。黄色く色づいた木々もほんとにキレイ。酔っ払いのわたしにはまるで映画の1シーンのように見えてうっとり。寒いのはキライだけど、秋も悪くないんじゃない?と一瞬思う。

ゆらりでは、砂風呂を体験。砂の上に横たわると、おじさんがスコップで砂をせっせとかけてくれる。う、重い。。。でも、その重みもなんか砂の熱さも心地いい~。ボーッとすること5分くらいでダラダラ汗が吹き出てくる。と、おじさんが、気分どう?おぉー、汗でてるねー、と言って、吹いてくれたりもして。親切親切。

露天風呂からはすでに暗くなりかけた景色の中に頭をすっかり雲に覆われた富士山の姿と半月が見える。あぁ、今日も1日終わるのね~、そんなことをぼんやり思いながら、露天風呂にのんびり浸かって、ワインの酔いも醒めてきて、気分はすっきり。ほんとにきょうはいい日だったsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

小さい秋と小さい幸せっ!

11月に入った3連休初日、いきなり木枯らし一号typhoonが吹き、いっきに季節は秋から冬に突入モード。でも、今年はそんなに寒い感じではない気がするけど、みなさんはいかがですかー?

それにしても、月日が経つのは、いったいどんだけ早いのかsweat02

何気ない幸せを感じるその瞬間に同じ日は二度とないんだなぁ、って、ちょぴりせつなくなったり。それはほんとにとりたてて特別なことが起こったわけでもなく、おいしいものをおいしいねぇー、って言い合いながら食べているときだったり、お天気のいい日に自転車で出掛けて、風や公園の緑に癒されたり、その後、飲むビールだったり。そんなことを考えたり、感じたりするのもやっぱり秋だからなんでしょうかねー。っていうか歳のせい??

そういえば、先週、彼Hと待ち合わせがちょっと遅めの時間だったので、久しぶりにひとりで映画を見た。時間的にドンピシャなタイミングで上演していたその映画は「PS・アイラブユー」。うーん、ベタベタな恋愛モノかな、とあまり期待しないで見たのだけど、これがほんとに久々のヒット!最愛の夫を脳腫瘍で突然なくした、ヒラリー・スワンク演じる、彼をなくしたことから立ち直れないでいた女性が、死んでしまった夫が生前に彼女のことを心配して書いた手紙が彼女の心とタイミングを見計らって、絶妙な頃あいに次々に届く。その間に、彼らの出会いや思い出が散りばめられていて、もうほんとにせつない。出会いとその後の再会のシーンはあり得ないぐらいのドラマでステキ。だけど、それが映画の醍醐味。あの「ミリオンダラー・ベイビー」であれほど生々しく貧しく幸福からかけ離れたボクサーを演じていたヒラリー・スワンクは、めちゃめちゃキュートで可愛いし、お母さんや親友の人生も、最後は笑顔で結ばれていて、なんか人生って辛いけど、捨てたものじゃないんじゃない?って思えるような、そんなエンディング。もう、それがせつなくて、でもなんかちょっと幸せな気分になれて、涙が止まらない。エンドロールを見ながら余韻に浸る時間もなく、待ち合わせの時間になっていたから、急いで映画館を出て、ナミダを吹きながら走ると、ショッピングセンターの中のソファに座って、パンなんかかじっている彼Hがいた。いっきに現実に引き戻され、思わず笑ったけど、微妙に心情が映画と現実がシンクロして涙はますます止まらず。笑いながら泣いているわたしに彼Hは馬鹿じゃないの、という視線。オレが泣かしているみたいだから、やめてよねーと冷静だしー。チッ、やっぱり映画と現実は違うしぃcoldsweats01

ところで、もうひとつの現実。9月か全7回で通っていたベジフル・ジュニアマイスター講座が終了。あとは修了試験と課題が残るのみ。あぁ。早い。

おととい、課題のためにオリジナルレシピ料理を実際にお料理してみた。お題はトマトで、選んだのは北海道産高濃度チェリートマト。糖度8%以上というトマトを使って、パスタに挑戦してみたcherry

2008_11012008spring0013

2008_11012008spring0014

これが、材料がいいとおいしいのねぇー。作り方はいたって簡単。オリーブオイルでにんにくを炒めて、そこにその高濃度チェリートマトを入れて、バジルも入れて、最後にモッツァレラチーズも入れて、出来上がり、っていうシンプルなものなんだけど、トマトがあまーくて、めちゃめちゃおいしかった!わたしが作ったものの中では傑作でございました~。

そうそう、そしてこんな瞬間がほんと幸せなときだったりねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »